コンベヤ蛇行監視は
「センサ+無線機」でスマートに解決!

ベルトコンベヤ周りの安全対策でこんな課題ありませんか?

定期点検するにも人手不足

人手が足りないのに作業は増えるばかりで手が出せない。しかし、安全対策はしなければならない…。

配線費用がかさむ

ベルトコンベヤの安全対策、予想以上に配線工事費がかさみ予算を圧迫。例えば、ヤードのベルトコンベヤは機長が長く、コンベヤ本数も多いので工事費がかさみます。

「センサ×無線機」で解決!

人のかわりにセンサを利用し、配線問題は無線にすることで解決します。現場のセンサと電気室を無線でつなぐだけです。

ヤードなどで利用されるベルトコンベヤは機長が長いため長距離配線となり費用がかさみます。配線する代わりに無線を使えば配線工事費を削減できます。
また、設置作業時間の短縮にも繋がり省力化に貢献します。

無線規格に「LoRa無線」を利用した場合

例えば、当社ベルト片寄スイッチにハカルプラス製のLoRa無線を利用した場合、次のような構成になります。

\ コンベヤ保護機器の詳細はこちら /

関連記事

CONTACT

生産現場の監視や自動制御でお困りの際は
マツシマメジャテックへご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
各サービス資料の
ダウンロードはこちら