付着による誤検知を防止!
人件費・清掃費・原料費を削減

食品製造工場でのレベル検出事例

食品製造工場での課題

茶葉やカツオペーストを生産する工場での事例です。
原料タンクにはオーバーフロー防止のために上限検出用のレベルスイッチが付いていました。しかし・・
※画像はイメージです。
1. 原料がセンサに付着して誤検出が多発し原料を損失!
2. 復旧に人員を割かれ、清掃費がかさむ!
そのため、誤検出しにくいレベルスイッチを探されていました。

アドミタンス式レベルスイッチで解決!

アドミタンス式レベルスイッチは付着に強い静電容量式レベルスイッチです。
一般的な静電容量式レベルスイッチとは異なり、タンク壁や接地電極の付着の影響を受けないプローブ構造(下図)で誤検知を防止します。
また、1つの基板で低感度から高感度までをカバーするため、 測定物に応じて基板を選びなおす必要がありません。
 

一般的な静電容量式とアドミタンス式の構造の違い

実際にどれだけ付着に強いのか実験してみました

測定物に導電性の高いスライムを用い実証テストを行いました。詳しくはテスト動画をご覧ください。
 

使い勝手を追求


使いやすさを追求した5つの機能も、選ばれる理由です。
①動作LED
 遠くから動作状況を一目で確認
②ねじアップ端子台
 設置作業もラクラク
③ハウジング回転機構(310°回転)
 設置後の配線方向を簡単に変更
④検出動作切替スイッチ
 既設に合わせた接点と動作LEDの調整が可能
⑤フリー電源(AC/DC22~264V)
 国内外問わず、電源仕様を気にせず設置

 

 

AC/DC22~264V

 

お客様からの声


以上の特長からオーバーホール防止の上限検出器に採用され、次のように評価いただいております。
・誤検知がなく、人件費・清掃費・原料費の削減に繫がった。
・基板が1種類なので予備基板も1つのみ。経済的です!

\ アドミタンス式レベルスイッチの詳細はこちら /

関連記事

CONTACT

生産現場の監視や自動制御でお困りの際は
マツシマメジャテックへご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
各サービス資料の
ダウンロードはこちら