潮位計測

電波式水位計 可搬型電波式験潮器での活用事例

 

フロート式や圧力式水位計の課題を解決!

電波式水位計が実現します!

潮位を計測するセンサには、フロート式、圧力式、超音波がありますが、これに対し電波式水位計の特長は次のとおりです。

非接触で計測

破損したり付着の影響がありません。

 

暴風雨に強い

強風の影響は受けず雨を透過して計測します。

放射角(8°)が小さい

細長い井戸のような場所でも安定して計測します。

可搬型電波式験潮器の実例

必要なときに必要な場所に持ち込んで橋の欄干から海上の方へアームを伸ばし、その先端に電波式水位計を設置して、潮位観測しています。

※架台及びシステムは、(株)離合社殿製造品です。

 

盤にはバッテリーと太陽光パネルを搭載し最大30日間データを収集。

従来の圧力式で必要だった最低水面の計算・設置及びセンサの固定、副標の設置・読み取り作業などが不要となり、改善が見られています。

 

海上保安庁 海洋情報部研究報告 第61号にて、その技術報告がされています。詳細はこちらからご覧いただけます。

https://www1.kaiho.mlit.go.jp/kenkyu/report/rhr61/rhr61t_t_09.pdfより引用

\ 電波式水位計の詳細はこちら /

関連記事

CONTACT

生産現場の監視や自動制御でお困りの際は
マツシマメジャテックへご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
各サービス資料の
ダウンロードはこちら