レベル計・レベルスイッチ <液体>
ディスプレーサ式フロートスイッチ

ディスプレーサ式フロートスイッチ(FLDシリーズ)は、タンクや容器の液面を検出するレベルスイッチです。素材はSUS304またはSUS316で腐食環境でもご利用いただけます。

 

メリット

  1. 液比重0.8~1.2の液体で使用することができます。
     
  2. フロート位置を自由に設定ができます。
     
  3. 最大約9mまで検出することができます。

 

 

\ 関連する資料のダウンロードやお問い合わせはこちら /

ディスプレーサ式フロートスイッチの特長

ディスプレーサ式フロートスイッチの主な特長は次のとおりです。

付着に強い

フロート重量を上回るほどの付着がなければ動作に影響はありません。

設定が簡単

ワイヤ上のどこでも動作します。ドライバー1本で自由にフロート位置を変更できます。

波立ちや流れに強い

接点に自己保持回路を付加し、ワイヤ下端にバランスウェイトをつけているので、液面の波立ちや流れの影響をほとんど受けません。

動作原理

液面の変化に応じてワイヤと一体になったフロートが浮力により上下します。ワイヤ上端にあるマグネットが、端子ボックス下に内蔵しているリードスイッチを開閉して、水位を検知してます。

使い方

1.取付位置-1

モーター、トランス、ソレノイドバルブなどの強い磁界から離れた場所に取り付けて下さい。

 

2. 取付位置-2

投入口、排出口、水が直接当たる位置、撹拌機のある場所といった流れの激しい場所は避けてご使用ください。

 

3. 結線

接点のリードスイッチは無電圧接点であり、破損すると修理できません。電源を投入する前にショート、過負荷、誤配線がないことを必ずご確認して下さい。

 

4. フロート位置調整

動作位置は、フロートの上端面から20mmです。+ドライバーで固定ビスを緩め、任意の位置へ移動させた後に再度ビスを締め、ナットで止めてて下さい。

ビスの締め付けトルクは0.35~0.4Nmで締め付けて下さい。ワイヤーは溝に食い込むので、落下しにくい構造になっています。

 

※詳細に関しては取扱説明書をご覧ください。

 

\ 関連する資料のダウンロードやお問い合わせはこちら /

製品ラインナップ

仕様・外形図

お問い合わせ

お電話はこちら。小さなことでもお気軽にご相談ください。
平日9:00~17:00
Webでのお問合せは、こちらのフォームにご記入ください。(1分)

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

CONTACT

生産現場の監視や自動制御でお困りの際は
マツシマメジャテックへご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
各サービス資料の
ダウンロードはこちら