レベル計用ディストリビュータ
シグナルコンディショナ

シグナルコンディショナは表示機能・アナログ出力を備えたディストリビュータです。2線伝送やHART通信にも対応しているので、レベル計、圧力センサ、粉塵計などの変換器としてご利用いただけます。

 

導入のメリット

  1. 2線伝送のレベル計、圧力センサ、粉塵計などの変換器としてご利用いただけます。
     
  2. HART搭載なのでHART対応機器にも接続いただけます。
     
  3. 接点出力はヒステリシス設定でチャタリング防止できます。
     
  4. 日本語・英語の二カ国語表示を装備しているので国内外でご利用いただけます。

 

\ 関連する資料のダウンロードやお問い合わせはこちら /

シグナルコンディショナの特長

1台3役

ディストリビュータ、アイソレータ、警報設定器の機能をこれ一つで賄います。

■2種類のアナログ信号
DC4~20mA(DC3~24mA)/負荷抵抗:750Ω
DC1~5V(DC0.75~6V)/負荷抵抗:500Ω

■警報&故障接点器
・警報接点×2
・本体異常×1
・センサ異常×1

 

 

2線伝送方式に対応

2線伝送方式のセンサに電源を供給し、センサからのアナログ出力を受信して値を表示します。
供給電源:DC20~28V

 

 

HART通信に対応

シグナルコンディショナにはHARTセンサ接続端子が標準装備されています。付属のコネクタを端子に挿入し通信モジュールと接続することで、HART対応機器による調整が可能になります。

 

ヒステリシス設定

警報接点出力はヒステリシスを任意に設定する事が出来ます。
例えば、図のように接点を90%でON、60%でOFFに設定すると、1つの接点でポンプのON-OFFが可能です。

 

使い方

当社のレーダー式マイクロ波レベル計を例に接続例を上げると次の通りです。

図の通り、タンクに取り付けたマイクロ波レベル計とシグナルコンディショナを2芯シールドケーブルで接続します。

このとき、シールド線は盤側もしくはレベル計側のどちらかで片側接地してください。両端を設置するとノイズによる誤動作が懸念されます。

また、HART通信を行う場合は、シグナルコンディショナの端子にHART通信機器の端末を接続する事ができるので、機器を取り外すことなく調整やデータの確認が行なえます。

※詳細に関しては取扱説明書をご覧ください。

 

\ 関連する資料のダウンロードやお問い合わせはこちら /

製品ラインナップ

お問い合わせ

お電話はこちら。小さなことでもお気軽にご相談ください。
平日9:00~17:00
Webでのお問合せは、こちらのフォームにご記入ください。(1分)

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

CONTACT

生産現場の監視や自動制御でお困りの際は
マツシマメジャテックへご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
各サービス資料の
ダウンロードはこちら