レベル計・レベルスイッチ <粉体>
サウンジングM's

サウンジングM'sは、汎用タイプでありながら性能と機能が充実し、高温、高圧、耐圧防爆(d2G4)など幅広い用途に対応できるカスタマイズ性を備えた接触式レベル計です。

メリット

  1. 簡単設置・簡単調整で取り扱いが簡単です。センサとコントローラー間の配線は4芯ケーブルだけです。設定は0%、100%、タイマー設定を行えばすぐに利用できます。
     
  2. カスタマイズで現場環境に合わせたレベル計を提供します。高温、高圧、低温、耐圧防爆(d2G4)等、さまざまな環境にカスタマイズできます。例えば、液中に沈殿する沈殿物の測定や移動台車やレールとの組み合わせた移動式レベル計などにも対応します。
 

\ 関連する資料のダウンロードやお問い合わせはこちら /

サウンジングM'sの特長

サウンジングM'sの主な特長は次のとおりです。

粉塵・ガスの影響を受けない

計測に質量のあるウエイトを使用するため、浮遊する粉塵やガスの影響を受けません。

選べるウエイト

レベル計測現場の測定物は様々な物性があります。特にかさ比重や粒度の影響を受けるため、その物性に合わせたウエイトの選定や製作をいたします。

丈夫なワイヤロープを採用

太さ3mmのSUS304製ワイヤロープを採用しています。

動作原理

ワイヤロープ先端に取り付けたウエイトをサウンジングが自動で巻き下げると、ウエイトが測定物に着床し自動で巻き上げます。このウエイトが巻き下がる間の時間と巻下げスピードからロープの長さを測定することでサイロやタンクの空尺距離を計測します。

使い方

1.取付位置を決める

レベル計の測定領域内に障害物が入らない位置、そしてレベル計の不感帯内に測定物が入り込まない位置を選びましょう。測定の際、ウエイトは振り子のように揺れながら上下するのでその振れ幅も考慮して壁際から離してください。取付位置にお悩みの場合はマツシマメジャテックへご相談ください。

2. 取付

設置の際は、レベル計周りに点検スペースを確保ください。ワイヤロープがドラムや滑車から外れていないか確認してください。サウンジングの近くにウエイトサイズより大きい点検口窓を設けてください。ウエイト取付・取外しに必要です。

3. 配線

サウンジングレベル計本体とコントロールユニットの間を4芯シールドケーブルで配線します。電源供給、アウトプット信号はコントロールユニットに配線します。

4. 調整

設定はコントロールユニットで行います。0%、100%、上下限設定、タイマー設定などを行えます。詳細は取扱説明書をご覧ください。

※詳細に関しては取扱説明書をご覧ください。

\ 関連する資料のダウンロードやお問い合わせはこちら /

製品ラインナップ


\ 関連する資料のダウンロードやお問い合わせはこちら /

アプリケーション

CONTACT

生産現場の監視や自動制御でお困りの際は
マツシマメジャテックへお問い合わせください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
各サービス資料の
ダウンロードはこちら