コンベヤ保護機器
シュートスイッチ

シュート内に出っ張らない電源のいらないオーバーフロー検出器

シュートスイッチとは、ベルトコンベヤの乗り継ぎで発生するシュート詰まりを検出するセンサです。オーバーフロー、生産ロス、大気汚染などの防止に繋がります。石炭火力発電所や製鉄所などの鉱石搬送コンベヤシュートで多く利用されています。

 

導入のメリット

シュートの詰まりを早期発見することで、

  1. オーバーフローを回避して周囲環境への発塵を抑制できます。
     
  2. コンベヤの損傷及び火災を回避できます。
     
  3. 次工程への供給が絶たれ品質不良になることを回避できます。

 

\ 関連する資料のダウンロードやお問い合わせはこちら /

シュートスイッチの特長

シュート内に
出っ張らない

シュート内に出っ張りが無いため搬送の邪魔になりません。
 

電源不要

リミットスイッチの機械的な動きで検出できるので電源が不要です。

 

防爆にも対応

本質安全防爆型 Exia Ⅱc

リレーバリアと組み合わせてご利用ください。

 

※詳細に関しては取扱説明書をご覧ください。

動作原理

シュート側壁に穴を開け設置します。

シュートが詰まると搬送物がシュートスイッチ内部の検出板を押します。

それに連動してリミットスイッチが働く仕組みです。

 

使い方

1.取付位置を決める

検出したい上限レベルを決めてください。また、コンベヤからの投入物が飛来する可能性もあるので、そこを避けて取付位置を決めてください。

 

2. 取付

取付位置が決まれば検出したい場所に規定の穴を開けてください。その穴を覆うようにシュートスイッチを溶接で取り付けてください。

 

3. 配線

接点出力に配線してください。電源は不要です。

 

4. 調整

調整バネで検出板のトルクを調整してください。

 

※詳細に関しては取扱説明書を御覧ください。

 

\ 関連する資料のダウンロードやお問い合わせはこちら /

メンテナンス

検出レバーやリミットスイッチにダストの固着が無いかご確認ください。付着・固着がある場合は清掃してください。

製品ラインナップ

仕様

外形図

取付

お問い合わせ

お電話はこちら。小さなことでもお気軽にご相談ください。
平日9:00~17:00
Webでのお問合せは、こちらのフォームにご記入ください。(1分)

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

アプリケーション

CONTACT

生産現場の監視や自動制御でお困りの際は
マツシマメジャテックへご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
各サービス資料の
ダウンロードはこちら