900℃の焼却炉内をレベル計測して燃焼効率UP!

ストーカー炉内レベル計測事例

ストーカー炉での課題

トーカー炉内のゴミの層厚が計測できれば、設備の燃焼効率アップが見込めます。
しかし、炉内をレベル計測するには課題がありました。

課題:炉内温度900℃の環境下でどうやって計測するか?

マイクロ波レベル計が解決!

Point1:非接触計測

マイクロ波レベル計は電波を使った非接触式レベル計です。
高温の測定物に直接触れることなく計測することができます。

Point2:フラットアンテナ

フラットアンテナにすることで、アンテナが炉内に出っ張らないので、炉内からの熱をある程度避けることができます。

 

Point3:防塵キャップ

防塵キャップがアンテナ内への粉塵(ダスト)の侵入を防ぎ、計測を安定させます。

 

\ マイクロ波レベル計の詳細はこちら /

関連記事

CONTACT

生産現場の監視や自動制御でお困りの際は
マツシマメジャテックへご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
各サービス資料の
ダウンロードはこちら