蒸気と結露の温泉タンクをレベル計測
金鉱山採掘現場のでレベル計測事例

温泉タンクでの課題

蒸気や結露の影響で超音波レベル計が誤指示する!

金鉱山での事例です。採掘の際にでる温泉を貯蔵するタンクのレベル計測に超音波レベル計が設置されていました。
しかし、蒸気と結露の影響を受けて誤計測。これをマイクロ波レベル計で解決した事例です。
・対流する蒸気が超音波を反射しそれを間違って液面からの反射波と勘違いし誤指示する。
・超音波レベル計発信面が結露して発信パワーが落ちて下限まで計測できない。

マイクロ波レベル計に切り替えて解決!

この課題を解決するために、マイクロ波レベル計が選ばれました。

  • 蒸気で視界が悪い環境でも計測できます。
  • アンテナ内が結露しても計測を妨げません。

レーダー式

マイクロ波レベル計

 

形式:MWLM-PR26H2F

メリット:蒸気・粉塵の影響を受けない

こちらのマイクロ波は使用しているマイクロ波(電波)の周波数(約26GHz)の性質上、粒径3mm以下の物体を透過する性質があります。そのため蒸気・粉塵が浮遊していてもマイクロ波はそれを透過し貯蔵された原料を捉え計測することができるのです。

 

\ マイクロ波レベル計の詳細はこちら /

関連記事

CONTACT

生産現場の監視や自動制御でお困りの際は
マツシマメジャテックへご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
各サービス資料の
ダウンロードはこちら