粉塵爆発のリスク回避
ショットブラスト現場でのエアダストモニタ 導入事例

粉塵爆発とは?

粉塵爆発とは、空間が可燃性のある粉塵である一定以上の濃度に満たされた場合、そこに火種があると引火し爆発する現象のことです。その威力はすさまじく、一瞬で建物が倒壊し多くの負傷者を出してしまいます。
様々なものを生産する工場では原料に粉が使われることが多く、粉塵が舞いやすい環境です。また周りには様々な電気機器や蛍光灯などが設置され、それが火種になる可能性があります。
 

小麦粉工場を例に上げます。

小麦粉を空気輸送でタンクに送ります。そのためタンクの上の方は高濃度の小麦粉の粉が充満した状態です。ここに点灯していた蛍光灯が何かの拍子で割れると、蛍光灯が火種となって粉塵爆発を起こす可能性があります。
「小麦粉で爆発するの?」と思われる方もいるかもしれませんが、わずかな小麦粉に引火しただけでも周りは高濃度状態で粉塵が舞っているので引火は一瞬で連鎖します。つまりこの引火の一瞬の連鎖が爆発なのです。
他にも石炭火力発電所の建屋内も微粉炭が舞うため、爆発の危険性がありその対策が取られています。

導入の背景と課題

某鋳物工場の鋳物をショットブラストする工程では、マグネシウムの粉が充満し粉塵爆発する危険性があるため対策として集塵しています。しかし、集塵機が壊れた場合、ブース内はマグネシウムの粉が充満し、再び粉塵爆発の危険性がでてきます。
その課題解決のためにブース内の粉塵濃度を計測する必要がありました。

集塵機が故障したら粉塵爆発の危険性がある!

エアダストモニタで解決!

エアダストモニタは、工場の屋内外で 稼働する機械設備や工事現場などからの発塵監視に特化した粉塵計です。

粉塵の漏れ始めを予兆し、屋内外への発塵防止や集塵施策の効果の確認に ご利用いただけます。

導入の効果

  • 0.1~1000mg/㎥の範囲で計測。アナログ信号を備えているので遠隔から状況を把握できます。
  • 常時監視しているので、「いつの間にか漏れていた」ということが無くなります。
  • 集塵機の健康状態が判断できるようになります。

エアダストモニタの特長

\ エアダストモニタの詳細はこちら /

関連記事

CONTACT

生産現場の監視や自動制御でお困りの際は
マツシマメジャテックへご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
各サービス資料の
ダウンロードはこちら