劇薬タンクの計測も安心!
穴開け不要!タンクの外からレベル計測

劇薬タンクのレベル計測の課題

劇薬タンク内に設置されている計測器の腐食による故障が多発していました。作業の度に周辺の立ち入りを禁止、取扱免許を所持した専門作業員による作業が必要でした。そこで対策を行うことになったのですが、その時の条件が次のとおりです。

1. 貯蔵物の腐食の影響を受けにくいこと

2. 調整・メンテナンスが容易なこと

3. タンクへの追加工が不要なこと

タンクの外からレベル計測して解決!


マイクロ波レベル計は非接触でレベル計測できます。更に、マイクロ波には「比誘電率の低い物体を透過する」という性質があります。その性質を利用してFRP樹脂タンクを透過させてタンクの外から計測することができます。

※比誘電率の低い物体には、その他、ガラスや石膏ボード、
 樹脂、セラミックなどがあります。
 
赤ラインは距離ごとの反射波の強さ、青ラインはノイズと反射波の境界線です。緑枠線内の、青線の上側にある反射波(赤ライン)が正規の距離(貯蔵レベル)、その他はノイズとして認識されます。

※透過物体から多少の反射もあるため、ソフトウェアで調整
 する必要があります。
※周波数や材質の種類により、透過できる厚みは変わります。

導入のメリット

  1. タンクの密閉性を確保します。
     
  2. 作業員の安全性が向上します。
     
  3. メンテナンス性が向上します。
     
  4. 異物混入対策に有効です。
     
  5. 貯蔵物の影響を受けません。

\ マイクロ波レベル計の詳細はこちら /

関連記事

CONTACT

生産現場の監視や自動制御でお困りの際は
マツシマメジャテックへご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
各サービス資料の
ダウンロードはこちら