快適空間宣言

マツシマメジャテックが考える粉塵計のコンセプトをご紹介

働く環境の粉塵濃度を見える化

生産工場の環境意識の高さから様々な粉塵対策がなされ年々労働環境は良くなっています。
しかし、その対策もいつかは劣化し故障や事故で思わぬ粉塵漏れを起こすことが想定されます。
せっかくのお客様の施策を無駄にしないために、マツシマメジャテックはあらゆる場面を想定しモニタリングできる粉塵計の開発を行っています。
ここでは、現在の環境問題・社会問題及び規制に関して触れ、その対策としてさまざまな場面での粉塵監視を推奨しています。
詳細はダウンロードしてご覧ください。

粉塵計であらゆる場面で連続監視

目次

 1. 我々を取り巻く環境問題と社会問題
 2. 労働安全衛生法に基づく粉塵障害防止規則
 3. 場面が違えば濃度や測定方法は異なる
 4. 集塵機専用の粉塵濃度計 “ダストモニタ”
 5. 設備からの発塵を監視 “エアダストモニタ”
 6. 綺麗な室内の微粒子監視 “エアパーティクルモニタ”
 7. 粉塵濃度の単位
 8. ポジショニングマップ
 9. お問い合わせシート

工場で粉塵計が利用される場面(イメージ)


\ 詳細は資料をダウンロードしてご覧ください。 /

粉塵計ラインナップ

集塵機からのダストの漏れや工場の屋内外で稼働する機械設備や工事現場などからの発塵、清浄な空間が求められるクリーンブースや製造ライン工場、サーバールームなどの閉鎖的空間までの粉塵濃度を24時間連続モニタリングします。

 

関連記事

CONTACT

生産現場の監視や自動制御でお困りの際は
マツシマメジャテックへお問い合わせください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
各サービス資料の
ダウンロードはこちら