泡を検知してオーバーフローを防止
物油脂タンクでのレベル検知事例

液体タンクでのレベル計測の課題

家畜の餌の原料に使用される動物油脂のレベル計測事例です。
動物油脂タンクは、従来、一般的な静電容量式レベルスイッチで満量レベルを検出されていました。しかし、動物油脂タンクには油脂(液体)の他に泡が大量に発生するため課題がありました。

 

泡を検出できず泡をオーバーフローさせてしまう!

高感度なアドミタンス式レベルスイッチが解決!

 

従来の一般的な静電容量式レベルスイッチでは空気を多く含む泡では誘電率の変化が小さいことから計測ができませんでした。アドミタンス式レベルスイッチは、その僅かな静電容量の変化を捉え検出することができました。

 
泡を検知してオーバーフローを防止
 
 

ポイント:第三の電極!

第三の電極(ガード電極)

アドミタンス式レベルスイッチの独自のプローブ構造のおかげで、付着やプローブ延長による余分な静電容量の影響を抑え、高感度から低感度まで1台で対応できます。
そのため泡のように空気を多く含む見かけ上の誘電率が低い物質でも検出できたのです。

関連記事

CONTACT

生産現場の監視や自動制御でお困りの際は
マツシマメジャテックへご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
各サービス資料の
ダウンロードはこちら