ピンポイント配送・回収作業で
脱炭素対策・省力化・省エネ!

< ホッパーの残量を無線で遠隔監視 >  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな課題ありませんか?

2024年問題

人手不足で配送または回収作業を効率化したい

エネルギー問題

トラックの燃料代が上がっているので少しでもコストを抑えたい

資効果がネック

自動化には配線コストがかかりすぎる

【解決策】「測るIoT」で作業効率を向上

レベル計と無線でトラックによる配送や回収業務を安価に最適化できます。

  1. レベル計やレベルスイッチでタンク内の貯蔵在庫を可視化。
  2. 無線でネットワークを安価に構築。
  3. 遠隔で貯蔵在庫を常時一括管理。

無線ネットワークで配線コスト1/2以下

例えば200mの配線に100万円以上かかる場合、無線化なら約50万円で実現できます。これは配線コストと無線費用の比較です。(レベル計や調整費などは含まれておりません。)配線距離がさらに長くなる場合は、更にコストが削減できることになります。なお、LoRa無線を利用した場合、見通し最大5kmまで対応できます。

システム導入の効果

● 年間削減目標を立てて、導入効果を試算してみませんか。

2023年12月現在、環境省の「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」に基づく。軽油のCO2排出係数は、1リットルあたり2.619kgです。

システム構成

1.最適なレベル計を選定する

豊富なノウハウから測定物の物性や設置環境を考慮したレベル計・レベルスイッチをご提案します。

2.現場環境に応じて通信システムをお選びください。

通信システムはLTE方式とLoRa方式からお選びいただけます。

\ レベル計・レベルスイッチの詳細はこちら /

関連記事

CONTACT

生産現場の監視や自動制御でお困りの際は
マツシマメジャテックへご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
各サービス資料の
ダウンロードはこちら