catch-img

【図解あり】バグフィルタの構造と仕組みをわかりやすく解説

バグフィルタとは、主に産業設備の排ガス中のダストを集塵するろ過式集塵機のことです。
フィルタ(ろ布)の選択により広範囲の温度や組成の排ガスに対応することができます。
サイクロンで捕集できないサブミクロン以下の粒子も捕集できるメリットがあります。


目次[非表示]

  1. 1.バグフィルタの構造
  2. 2.バグフィルタのメンテナンス
  3. 3.フィルタ(ろ布)が破れると発生する問題とその対策
    1. 3.1.粉塵漏れによる問題
    2. 3.2.対策:粉塵濃度のモニタリング

バグフィルタの構造

ダストを含んだガスをフィルタ(ろ布)の表面でろ過しダストを分離する構造。
ろ布の表面に付着したダストは逆洗(パルスジェット)により払い落とされます。
ろ布には、ポリエステルなどの繊維や耐熱ナイロン、ガラス繊維等があり、ガスやダストの性状に合わせて選択されます。
ろ布が損傷するとダストが流出してしまうため、近年ではダストの漏れ量を常時監視するためにバグフィルタのガス排出側に摩擦静電気式のダストモニタが設置されることも多い。

バグフィルタのメンテナンス

バグフィルタのろ布は消耗品です。用途や粉塵の種類により寿命が異なり、交換時期の見極めが難しいところです。
実は、設備の運転時にダストの漏れ量(粉塵濃度)を常時監視するだけで、ろ布の交換時期の最適化及びメンテナンスコストの削減に繋がります。
ダストの漏れ量の連続監視方法としては、一般的に光学式ダストモニタと摩擦静電気式ダストモニタがよく知られています。

過去のウェビナーでこれらダストモニタについて触れています。以下のリンクよりアーカイブ動画でご覧いただけます。
▶ ウェブセミナー「工場の粉塵監視による生産効率と環境対策の両立」(アーカイブ動画)


フィルタ(ろ布)が破れると発生する問題とその対策

粉塵漏れによる問題

集塵機のフィルタ(ろ布)は消耗品です。集塵機を長年使用することで、粉体の摩擦によってフィルタが損傷・劣化していきます。フィルタが破損することで、集塵した粉体が大気に排出されてしまうことは想像できると思いますが、設備にもダメージを与える恐れがあります。

例えば、フィルタが破れると粉塵が漏れ出し、ブロワー内に漏れ出た粉塵が付着することで腐食が発生します。その腐食が原因で、ブロワーの様々な箇所に負荷がかかり場合によっては、停止するといったことも起こり得ます。そのような事態になる前に、起こりえる問題を把握し対策をすることが重要です。


対策:粉塵濃度のモニタリング

従来は手分析法に定められた手分析が主流でしたが、これだけでは監視できていない期間があり漏れに気づかない可能性があります。そこでダストモニタによる粉塵濃度モニタリング(常時監視)のご提案です。ダストモニタはJIS規格に定められた集塵機用の粉塵計です。集塵後の排気を24時間監視し、粉塵漏れを初期段階で発見できます。効率的に対策を打つことができるので粉塵漏れ防止・設備の保護を人に頼らず実現できます。

JIS規格には3つの方式のダストモニタが存在します。その種類・原理・特徴を纏めていますのでダウンロードして御覧ください。